AGAの治療方法にはどんな種類がある?

 

【AGA治療の失敗が不安な方へ】優良なクリニック・病院のみ掲載

 

AGAの治療方法には、薬を利用して薄毛の状態を治療していく方法と外科的な手術を行って頭皮の環境を整えていく方法の二つがあります。どちらの方法を利用しても現状の頭皮の状態をより良くすることが出来ますので、患者は自身の身体に合致した方法を選択することが賢明です。

 

まず、薬を利用した治療方法ですがこの方法を利用すると体内の男性ホルモンの働きを抑えることが出来る効果を発揮します。AGAは男性ホルモンが毛乳頭に対して悪影響を与えることによって症状を悪化させるものであるため、根本的な治療をするためには頭皮に対して悪さを働く男性ホルモンを抑制しなくてはなりません。薬を利用すると男性ホルモンの働きが抑えられて、止まっていた髪の毛の成長が再び始まりますので長期的に見ると発毛効果を期待することが出来ます。約1年程度の期間で患者全体の7割以上の人間が発毛効果を実感したという臨床結果もあるくらいなので、その効果は医学的にも認められています。

 

そして、もう一つAGAに関連して重要になるのが外科的な手術に関してです。外科的な手術でAGA治療を進めていく時には、抜毛が進行している場所に自毛を利用した手術を行わなくてはなりません。この方法は自毛植毛と呼ばれている方法で、実際に手術をして髪の毛を移植すると髪の毛の成長を促すことが出来るようになります。自毛植毛を行うときには、頭皮に対して相応の髪の毛が残っていることが大前提になります。頭皮に髪の毛が存在している時には、それをドナーとして髪の毛が薄くなっている場所に移植することによって髪の毛を増毛させることが出来るようになります。移植された髪の毛は最初から底から生えていたかのように成長するのでこれによってAGAを治療することが出来るようになります。

 

このように、AGAに関連する有名な治療法は二つ用意されているので患者は頭皮の状態を確認して最もベストな選択をすることが大事です。

 

札幌の薄毛治療について

 

 

AGA治療の費用の相場は?保険は適用される?

 

【AGA治療の失敗が不安な方へ】優良なクリニック・病院のみ掲載

 

AGA治療における費用には保険の適用がありませんので、薬を手に入れる時も手術をするときも自費で全てのお金を負担する必要があります。

 

治療という名称が付いているにもかかわらずなぜ保険の適用がないのでしょうか。これには、日本の保険制度の特殊性が現れています。日本の保険というのは、一般的に治療の必要性があると考えられている症状であっても国家が治療の必要性があると認めない限りは保険の適用を受けることが出来ません。AGAは医学的にも男性ホルモンによって生じる薄毛の症状と解明されていますので自力で体質を変化させていくことが難しい症状とわかっているのですが、国はこの症状を治療の必要性のあるものだと認めていないわけです。

 

日本の医療保険では、例外なく治療の必要性があるものだけに保険の適用が認められます。AGAで薄毛になったとしても日常生活を送っていくことに支障が出ないと考えられているので、治療を受ける必要がなく保険の適用を受けることが出来ないという理屈です。実は、日本の保険にはこうした考え方が非常に多くてAGAなどの発毛や育毛に関する薬や手術に対してだけではなく、性欲や精力に関する治療についても保険の適用を受けることが出来ないことが多いです。精力や性欲の減退は年齢とともに自然発生的に生じるものと考えられているので、ある程度の年齢に差し掛かった時にそうした症状になることは仕方がないことだと考えられています。そのため、この場合でもやはり保険の適用を受けることが出来ないという結論になるわけです。

 

こうした事情から、AGA治療を効率的に受けていくようにするためには費用をできるだけ小さくしていかなくてはならないという事情があります。中にはクリニックから薬の処方を受けずに海外から薬を購入してそれを利用している人もいます。実際に治療をしようと考えている人は継続的な治療が必要なものだという前提を忘れずになるべく費用を抑えながら治療をすることが大切になります。

AGA治療の流れと治療期間の解説

 

【AGA治療の失敗が不安な方へ】優良なクリニック・病院のみ掲載

 

AGAとは男性が多くなる脱毛症の事で、いくつもある脱毛タイプの一つと考えられています。ですがAGAの場合、一般の脱毛とは違い若い方でもなることが多く、生活習慣や遺伝、男性ホルモンが関係しています。

 

AGAの特徴は徐々に額が広くなっていく、頭頂部が薄くなっていくということがあげられます。20代前半から始まることが多く、40代になると脱毛の症状が顕著になります。ヘアサイクルが乱れることにより髪の毛が成長できず、短くて柔らかい産毛のような髪の毛が抜けるのも特徴です。

 

AGAの治療の流れはまず問診を行い、血液検査や遺伝子検査、視診、触診などを行います。服用している薬が影響していることもあるので、服用している薬の確認も行います。血液検査に関してはどういった栄養素が足りないのか見つけるために行われます。その後プロペシアやミノキシジル、ビタミン剤などが処方され、1か月に1度程度検診を行います。

 

一般の医者と違いAGA治療を専門におこなっている医院では頭部の撮影も行いますし、検査もしっかりと行われます。より的確に治したい場合は専門のクリニックに聞くと良いでしょう。

 

薬は1か月分まとめて処方されることが多いです。ミノキシジルは頭皮に塗るタイプ、内服薬、外用薬があります。外用薬は薬局でも買うことができ、抜け毛対策として注目されています。クリニックで処方されるのは内服薬で頭皮の血行をよくし、毛根に栄養を行かせることにより、発毛を促しています。副作用は頭皮のかゆみ、かぶれがありますが、様々な国で使われている信頼のできる薬です。

 

プロペシアもまた、AGA治療で処方されることの多い薬です。こちらは内服薬で、男性ホルモンが働き過ぎるのを抑制し薄毛の原因を取り除く薬です。脱毛の原因は男性ホルモンにもよるのでこれを抑制すると、抜け毛もおさまりますが、性欲が減退することもあります。

 

AGAは生活習慣も大きく関わっています。治療期間は薬も使用しているので、ストレスがたまらないよう工夫することが大切です。

AGA治療のクリニックを選ぶ時のチェックポイント・注意事項

 

【AGA治療の失敗が不安な方へ】優良なクリニック・病院のみ掲載

 

AGA治療のクリニックを選ぶときにはいくつかの注意点があります。安易にクリニックを選択すると長期的に患者の頭皮に対して悪い影響を与えることにもつながるのでしっかりと良いクリニックを選択することが大切です。

 

そもそも、AGA治療に関しては医学的な根拠のもとに行われていますのでその根拠をしっかりと説明することが出来るクリニックであるかどうかはクリニックを選択する際の大きなポイントの一つになります。例えば、AGAというのは男性型脱毛症であるので他の薄毛の症状とは異なる性質があります。治療方法に関してもAGAにしか効果を示すことが出来ない方法もありますので、クリニック側としてもその情報をしっかりと患者に対して伝える義務があります。外科的な手術で言えば自毛植毛は多くの人に利用されている手術ですが、こうした方法を実はAGAに対してのみ行われることが許されており普通の薄毛の症状を発症させている人ならば手術そのものを拒否されることもあります。少なくとも、優良なクリニックならば安易に手術を進めるようなことはしないのでそうした点を参考にすることも大事です。

 

そして、AGA治療を進めていく一般的なクリニックならばAGAに効果的な薬の副作用に関する説明もしっかりとされます。AGAに関しては誤解をしている人も多いですが、薬の中には男性にしか利用することが出来ないものが圧倒的に多いということを知っておく必要があります。女性はホルモンバランスが非常に重要な意味を持っていますので、男性ホルモンを抑制するような薬に触れてしまうとそれだけで体調がおかしくなることもあります。優良なクリニックならばこうした詳しい薬の説明などがしっかりとされますので、相手が勧める手術や薬の服用だけを淡々と受け入れて治療を進めていくのは絶対に避けなくてはいけません。

 

できれば、より多くの選択肢が用意されているクリニックが理想的なので過去に実績があるクリニックを探しながらより良い条件の施設を探すことが賢明でしょう。

AGAが早期に治療開始すると改善の可能性が高い理由は?

 

【AGA治療の失敗が不安な方へ】優良なクリニック・病院のみ掲載

 

近年の傾向として若い世代のうちから薄毛が進行している人が多く、その原因はAGAの症状が現れていると考えられる人が増えています。

 

若者の薄毛の代表的な症状であるAGAを始めとして、薄毛が進行し始めたときにはできる限り早期に治療を受けることが良いと言われています。

 

早期治療が推奨される理由としては、毛母細胞の分裂回数が関係しています。
人間の細胞分裂というものは、生殖系の細胞以外ではテロメアの影響によって40回から50回ほど分裂したら、それ以上は分裂できないと考えられています。

 

この傾向については毛髪に関連する毛母細胞にも同じことが言えますので、毛母細胞の寿命が尽きたら細胞分裂ができなくなってしまいますので、毛髪が生えないことになります。

 

人間には毛周期というヘアサイクルがあり、毛母細胞が一定のヘアサイクルで分裂を繰り返すことによって、毛髪を生成しています。

 

正常なヘアサイクルを行っている毛髪であれば、1回の周期が2年から6年単位となることから、最短のヘアサイクルの人であれば1周期の期間は2年間となり、細胞分裂が行われる回数を40回として考えても、毛母細胞の持っている寿命は80年ほどと計算できます。

 

つまり、最小の細胞分裂の回数であっても、正常なヘアサイクルを保つことができていれば、一生分をカバーすることが可能であると考えられます。

 

ただし、AGAの症状が現れているときには、正常なときと比較して極端に短いヘアサイクルとなってしまうことがわかっています。

 

AGAによって、ヘアサイクルの1周期が半年から1年ほどの期間になってしまうことで、毛母細胞が40回の細胞分裂をしたと考えると、20年から40年でヘアサイクルが終了してしまいます。

 

細胞分裂ができる回数を使い切ってしまうと、その後にはどのような治療を行ったとしても毛髪を再生させることは難しいと言われていますので、AGA治療を行う上で大切なポイントとなるのは、毛母細胞の分裂回数が残っているうちに治療薬などの服用によって、残りのヘアサイクルの期間を延ばすことが大切になってくるわけです。