男性にとって薄毛の発症は大変大きな頭痛の種となりうるもの。

 

プロペシアとミノキシジルについて

 

抜け毛や薄毛がひどくなると外見も大きく変容しますし、仕事や友人関係、または恋人との付き合いの面でも支障をきたします。こういった事態を悪化させないためにも、薄毛はできるだけ早く原因を特定して何らかの対策や治療を試みることが大切です。とりわけ最近特に注目を集めるAGAはいち早くクリニックでの診療を受け、治療に取り組むことで大きな改善効果が見られます。

 

そもそもAGAとは、男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応しDHTという物質を作りだし、毛乳頭の中の感知機能がこれを察知することで頭髪の成長サイクルが大幅に乱れて、ゆくゆくは抜け落ち、額の両サイドや頭頂部を中心に無毛状態が広がってしまいます。

 

クリニックにおけるAGA治療ではまず最も一般的な手法としてミノキシジルやプロペシアを使った改善治療が知られています。この治療法は薄毛治療専門クリニックや美容クリニックなどでなくても一般の内科や皮膚科、外科などの開業医などでも受けることができます。

 

まずミノキシジルは薄毛部分に塗りこむタイプのお薬です。ミノキシジルには毛細血管を拡張させる効果があり、そうやって血流量を高めることによって栄養分の運搬を促し、頭髪の成長に欠かせない栄養分を過不足なく補充できるように整えるのです。このようにAGA治療には欠かせないミノキシジルですが副作用もあり、低血圧症の人は血圧が下がりすぎて血管や心臓に負担をかけたり、または動悸や息切れ、発疹、ニキビ、かゆみが生じる場合もあります。

 

一方のプロペシアは、フィナステリドという薬品を含む錠剤です。これは頭皮の5αリダクターゼの2型の働きを抑制する効果を持ち、こうして男性ホルモンと反応してDHTを作り出す分量を抑えることで頭髪の成長サイクルを正常化に導くことができます。ただしプロペシアにも副作用があり、男性ホルモンへの作用によって性欲減退、勃起不全、鬱、肝機能障害などを発症する可能性が指摘されています。これらの症状が感じられたらすぐに医師に相談することが必要です。